泰栄自動車販売株式会社
福岡市博多区西月隈3丁目15番2号
タックス板付 092-431-7617
タックスのサービス タックスの安心システム 中古車検索 スタッフブログ フラット7 ONIX
TOP > クルマ選びのコツ

中古車選びに失敗しないためにも必ずチェックを!

お客様に『いいクルマ』『悪いクルマ』の見分ける方法お教えします
中古車選びに失敗しないためにも必ずチェックを!
中古車の良し悪しを判断することは非常に難しいことです。私たちでも、その都度、その都度、ちょっと悩んでしまいますし、毎日が勉強の連続だったりします。

しかし! 失敗しないためのチェックは絶対必要だと思います。購入後「失敗した!!」と思うことが無いよう事前にチェックすることが大切です。

このコーナーでは、私たちが通常検査するときの手順に沿って、ポイントを押さえて『いいクルマ』『わるいクルマ』を見分けるコツをご紹介します。

中古車選び外装編

塗装跡や交換歴を見分ける

景色が波打って見えないかチェック
キズや凹みは見れば判りますが、塗装跡や交換歴を見分けるのはコツがあります。
まず、塗装跡ですが、目線をボディと水平にし、斜めからボディに映った景色を眺めます。側面全てを塗っていなければ、塗った箇所だけ、景色が波を打って見えます。ボンネットや天井、トランクは側面の状態と比べてみてください。
交換跡を『シール』で判断しよう

板を張り合わせるシール剤に注目
次に交換跡ですが、『シール』と呼ばれる部分で判断するのが、一般的です。
ドアやトランク、ボンネットは、2枚の板を張り合わせて出来ています。そのときにシール剤を使っているのですが、交換しているものはそのシール剤が無かったり処理が荒かったりします。左右のドアやボンネット、トランクのシール剤を見比べれば、違いが判ると思います。

また、フロントフェンダーはネジを回した跡が有るか無いか、リヤフェンダーはボディとの接合部分を見て判断します。
このページの先頭へ

中古車選び内装編

内装チェックの際に重要視するポイント

メーターやスイッチ類をチェック
内装を見るときに重要視するのは、シートやハンドルの擦れ具合、臭い、メーター周りのネジに触った跡がないかなどです。今は走行管理システムが発達してきていますので、新しい車はメーターの不安はあまり無いのですが、まだ完全に安心とはいえないのが現状です。その判断基準となるのが内装の状態ですので、特に気をつけて見ています。

あとは各スイッチ類を一通り動かしてみて、作動状態を確認します。
このページの先頭へ

中古車選び機械編

エンジンのチェックは難しいので保証内容を確認

機械はプロに任せた方が無難?
エンジンをかけてみて異音などがしないか、バックギアやドライブに交互に入れてみてショックが無いか、ハンドルはスムーズに動くか、エアコンは効くか、オイル漏れは無いか・・・など、止まった状態で確認出来るのはこのくらいです。
機械類は見ても判らないところが多いので、保証内容を確認したほうが賢明です。
このページの先頭へ

中古車選び全体編

大事なのは『クルマの持っている雰囲気』です


車の雰囲気から色々わかります!
中古車を見る上で、とても大事な事は、そのクルマの持っている雰囲気を感じ取ることです。内装や外装、下回りやエンジンルームタイヤの状態、音、匂い。これらをチェックしながら前オーナーがどんな乗り方をしていたかを想像していきます。

前オーナーの乗り方をチェック
タイヤの角が丸く減っていたり、減り方が左右で極端に違っていたりするのは、荒い乗り方をしていた可能性が強いですし、ワイヤーが出るまで磨り減っている様だと、あまり車を大事に乗っていなかったのかもしれません。下回りを覗いてみて、泥が付いていたりサビが出ているのも、使用していた環境が苛酷だったのかもしれなせん。感覚的には、乗ってみて湿気を感じる車よりも乾いた感じの車の方が良いと思います。

失敗できないだから相談ください
とにかく、見て触って動かして、そこがお店であれば、判らない事はどんどんお店の人に聞いてください。聞かれて嫌がる店員はいません。車購入はとても大きな買い物です。後で悔いが残らない様に自分で感じた事とお店の保証内容、品質表示などを参考に判断していくのが大切です。どうせ判らないと諦めずに、車と会話するような気持ちでゆっくりと見てください。
クルマを買いたい、またはお探しのクルマに関しては、タックス板付へ
このページの先頭へ
いろんな条件から選ぶ
  メーカー
  タイプ
  価格帯 万円
買取査定サービス
今すぐお問い合わせ